はじめてのお食い初め☆入門ガイド

HOME > お食い初めについて > お食い初めを外食で行う利点と注意点とは

お食い初めを外食で行う利点と注意点とは

赤ちゃんが生まれた後には、様々なイベントや儀式がありますが、その中の一つにお食い初めがあります。
一昔前は自宅で親戚などを呼び大勢でお祝いをするというのが基本でしたが、自宅で行うとなれば料理の準備や片付けなど、かなり大変になります。
近年ではお食い初めは料亭やホテルなど外食にするという人も増えました。
お食い初めセットがあるお店では、セットには専用の食器はもちろんのこと、歯固め石まで付いていることもあります。
外食ならば、準備が一切不要なので気軽にお食い初めの儀式を行うことができます。
お食い初めセットがないお店でも、相談すれば対応してもらえることもあるので、どうしても利用したいお店がある場合には、問い合わせてみても良いのではないでしょうか。
中には宅配サービスを行なっているケースもあります。


外食となれば、自宅で準備や片付けの手間がかからないというのはかなり大きなメリットです。
それだけではなく、本格的な料理を楽しめるので、参加する人にとっても食べるのが楽しみとなるのではないでしょうか。
外食で行うと準備の負担が減るだけでなく、見栄えが豪華な物になるので、目で見て楽しむことができ、なれないお食い初めの料理を作って失敗してしまうという心配もありません。
子どもの健やかな成長を願う行事を、より気軽に行うために外食をするという選択肢も、今の時代ならば珍しいことではありません。
座敷があるのかや、赤ちゃんへの配慮が行き届いているのかということも、外食でお食い初めをする際には重要なチェックポイントとなり、お店選びが良し悪しを左右することになってくることは間違いありません。


外食のお食い初めは気軽というメリットがありますが、お食い初めとなれば事前予約が必須というケースが大半となります。
予約をしていても当日に赤ちゃんの体調が悪くなってしまうと、キャンセルしなくてはならないというリスクもあります。
赤ちゃんはまだ生まれて間もないということもあり、外出することで風邪をひいてしまったりすることもあるので、十分注意しておくようにしましょう。
もちろん外食となれば、ある程度はお金もかかるので、金銭面のこともよく考えて選ばなくてはなりません。
赤ちゃんはまだ食べることができないので、お食い初め用のメニューも後々大人が食べることになります。
そのことも考えて、参加者の料理のメニュー内容の注文をするということも忘れてはならないポイントではないでしょうか。