はじめてのお食い初め☆入門ガイド

HOME > お食い初めについて > お食い初めの意味や流れについて

お食い初めの意味や流れについて

赤ちゃんの誕生は大変おめでたいことであり、赤ちゃんが産まれた後には様々な儀式やイベントが待っています。
その中の一つにお食い初めもあります。
平安時代からはじまったとされている、歴史深い儀式であり赤ちゃんの生後100日目に、赤ちゃん儀式でが一生食べるものに困らないようにという願いを込めて行う、重要な儀式です。
地域によっては110日目や120日などに行われる場合もあり、しきたりにも多少の違いはあるのでよく確認しておくようにしましょう。
当然のことではありますが、生後100日程度の赤ちゃんは、まだ実際に食べることはできないので、食べる真似をするだけで、準備したお食い初めの料理は大人が後々食べることになります。
食い初めは必ず笹も行わなくてはならないわけではありませんが、赤ちゃんの幸せな成長を願って行っておくべきです。


お食い初めをするとなれば、料理以外にも専用の食器や箸が必要となります。
食べさせるマネとは言っても、赤ちゃんにとってはじめてのことであり、改本来はまった儀式なので食器は新しいものを準備してあげた方が良いのではないでしょうか。
正式な祝いの食器は、椀は漆器で蒔絵模様の鶴や松が描かれているものを準備し、箸は柳の白木となっていめす。
しかし儀式用の専用の食器ということもあり、その後日常使いをすることができないということなども考慮し、ベビー用の食器や家庭にある食器で代用するケースも増えていて、あまりしきたりにこだわりすぎる必要はないといえます。
お膳に盛られる料理は一汁三菜が基本ですが、地域によって内容が異なることもあるので、祖父母に確認するなど調べておくとトラブルになりません。


産まれて間もない赤ちゃんがいる中で、自宅でお食い初めをするとなれば、材料を買いに行ったり料理を作ることは、そう簡単なことではありません。
お食い初め用の献立は日頃作ることがないものばかりということから、失敗してしまわないかと不安に感じる人もたくさんいるのではないでしょうか。
その際には、通信販売を利用してみるという方法もあります。
近年では通販でお食い初めセットを購入して、気軽に行うという人がかなり多くなりました。
通算ならば、材料を買いに行ったり料理をする必要もないので、気持ち的にも余裕を持ってお食い初めをすることができます。
献立内容や食器や歯固めもついているのかにも違いがあるので、どのようなセット内容なのかをよくチェックしておき、適したものを選ぶようにしましょう。