はじめてのお食い初め☆入門ガイド

HOME > お食い初めについて > お食い初めの儀式の準備について

お食い初めの儀式の準備について

赤ちゃんが産まれてからは、様々なイベントがありますが、その中の一つにお食い初めがあります。
生後百日目前後に行う儀式であり、赤ちゃんが今後食べることで困らないようにと願いを込める、大切な儀式となります。
お食い初めの儀式を行うための準備として、まず決めておかなくてはならないのがお食い初めを行う場所です。
自宅か外食かにより、その後の準備内容には大きな違いがあります。
自宅となれば料理を作ったり後片付けをしたりと、育児をしながらの準備は大変です。
しかし外食となれば、赤ちゃんの体調や周りへの気遣いなど、頭を悩ませることが多くなるのではないでしょうか。
自宅と外食によるお食い初めの、双方の良いところを取ったのが、通信販売でお食い初めのセットを購入するという方法ではないでしょうか。


自宅で行う場合には、料理以外に専用の食器や箸、歯固めの石も準備しておかなくてはなりません。
しかし、お食い初めの準備で必要なものは儀式用のものであり、専用の食器や箸を実際に購入してもそのあと使う機会が少なく、保管で困るという人も多いのではないでしょうか。
その際には、レンタルを利用するというのも一つの手段です。
近年では、しきたりにはこだわらずベビー用の普段使っている食器を使うという人も多いので、あまり気にする必要はありません。
お食い初めの料理を通信販売で購入する場合には、お食い初めセットの中に専用の食器や箸、歯固めの石も含まれている、一式揃ったセットもあるので、よく比較して適しているお食い初めセットの購入をするようにしましょう。
通信販売が便利ということは間違いありません。


お食い初めを行うとなれば、どのようにすれば良いのかわからないと悩む人も多いですが、近年では料理は通販で購入できるのでレシピで悩む必要はありません。
しかし当日になり食べさせる順番がわからないということもあります。
ですが、通販でお食い初めセットを購入すれば、お食い初めで食べさせる順番などが書かれた説明書が同封されているケースが大半となっています。
もちろん、食べさせる順番のしきたりはありますが、こだわり過ぎず楽しく食べることができれば良いという考えの人が増えているので、気にし過ぎないようにしましょう。
大切なのは、赤ちゃんの成長を祝い、今後の健康な成長を祈るということです。
もちろん、準備はしっかりとしておくようにすることが大切であり、当日が近づいて慌てることのないようにしておきましょう。